BLOG

ふらつきに対する鍼灸療法

2018/07/31
ロゴ

50代男性の方で5年ほど前から手と足に軽い痺れのような違和感。次第に痺れる時間が長くなり、ふらつくようになる。動悸、がくがくするような震えを生じる。脳神経外科、循環器科、耳鼻科を受信するが、いずれも異常なし。胃痛、めまいなどの症状あり。血液検査、尿検査共に異常なし。どれくらいふらつくのかを見てみると、右側から押すと多少傾くが、左側から押すとよろけてしまいます。東洋医学的に五臓六腑の心包経、肝経、脾経、を処置して、音叉の波動で体のバランスを整えました。最後に立ってもっらて、左右から押してみたら、しっかりと地に足のついた感じになり、ふらつきませんでした。慢性的にいろんな症状をお持ちの方などは時間が必要ですが、諦めないで体のケアを続けていって欲しいものです。