BLOG

藤沢で不眠症が続くならほった鍼灸治療院

2018/08/20
ロゴ

当院では自律神経の調整をして不眠を改善しています。

頭皮鍼やCES療法を使い脳の状態を良い方向にもっていきます。

今回は自分で出来る方法を紹介します。

先ずは呼吸です。呼吸が浅いと交感神経が優位になってしまい、呼吸を深くする、深呼吸をすると副交感神経系を優位にもって行く事が出来るんです。意識して自分で出来るので非常に重要なことになります。ゆっくりと深く吸って深く吐く、寝る前やストレスが溜まった時などしてみて下さい。そうするとコルチゾールが減りメラトニンが増える。呼吸のパターンをかえて睡眠の質を変えましょう。

つぎに寝る時間を出来るだけ同じ時間にする。メラトニンが増える夜の10時から11時くらいに就寝できれば最高です。そして寝る前にテレビやパソコン、スマホなどの電子機器は見ないようにする。ブルーライトを目に入れるとメラトニンの分泌量が減ると言われています。眠りに入りにくくなるので、寝る1時間前までには止めて過ごして下さい。そして朝起きたら朝日を浴びる。太陽を浴びると体内時計をリセットすることが出来ます。不眠やうつ症状の方にも良いでしょう。太陽はビタミンDを合成してくれます。体内の炎症を抑える極めて重要なホルモンになります。炎症体質になっているとホルモンが乱されてメラトニンもしっかり出なくなってしまうので、朝太陽の光をしっかり浴びて下さい。最後に寝るときは寝室も真っ暗にするです。

窓から光が入ってくるだけで、メラトニンの分泌量が減ってしまい部屋が明るいと睡眠の質が下がってしまいます。なのでカーテンなどで部屋を暗くして寝る様にしましょう。これらの事を心がけていてもなかなか良くならない、薬には頼りたく無い方は、当院にご相談下さい。