BLOG

疲れが溜まったら藤沢の鍼灸院で疲労回復

2018/08/23
ロゴ

疲れが取れない多くの方は睡眠不足から来ている事が多いです。日本人は働きすぎで睡眠時間を6~7時間以上取れていないです。睡眠時間が短く朝起きてもスッキリしない、不規則な生活は副交感神経の働きが悪くなります。疲れは体と脳に起こり筋肉と神経の使い過ぎから来ています。神経は自律神経と中枢神経というのがあり体を動かす指示をするのが中枢神経になります。脳からの命令が伝わらないと体は上手く動作しません。なので脳の状態を良くする事で疲労回復につながります。これは当院の施術でもやっております。首と腕を触診して脳の状態を見極めて頭皮鍼をするとスッキリしたりします。

あと重要なのが体の歪みです。体が歪んでいても中枢神経の働きが悪くなります。当院では歪みをとるポーズをしてもらい軽く足を引っ張るだけなので体に負担がかからずに済みます。歪みをとると固くなっていた首肩こりや腕や足にあった圧痛部位も軽減します。骨盤の歪みが気になる方には是非受けてもらいたいです。

週末は寝不足や疲れているので寝だめしたり家でジッとしたいと思いますよね。それだと本当は疲れは取れなく、逆に軽く体を動かした方が血流が良くなり体全体に酸素を送り疲労回復につながります。

食事で気を付けて欲しいこと。タンパク質とビタミンと炭水化物をバランス良くとる事です。タンパク質は炭水化物の倍以上がいいと思います。腹八分お腹いっぱい食べると消化に時間がかかり体の修復も上手く行きません。そしてお菓子などの糖質はビタミンが消費されるので疲労回復にはなりません。甘くて美味しい物はなかなかやめられないとは思いますが、少しづつ減らして見て下さい。

最後は呼吸です。横隔膜と腹圧を高めて疲労をとる。IAP呼吸法というのがあるのでやり方だけ紹介します。5秒くらいかけて息を吸い徐々にお腹を膨らませる。吸った息を7秒くらいかけてゆっくりと吐く。吐くときもお腹を膨らせたまま保持し、吐き終わったらお腹を緩める。寝る前に2分間やって見て下さい。それでも疲れがとり切れない方は当院にいらして下さいね。