BLOG

藤沢で膝関節痛でお困りならほった鍼灸治療院

2018/08/31
ロゴ

膝の痛みでも関節の中に問題がある、若しくは外側に問題がある方がおられます。考えられるのが筋肉の起始から停止にかけての部分、連結するポイントが凄く硬くなって、筋、筋膜が引っ張られて関節包も緊張しそこから関節の制限であったり動き出しや運動時痛みがでる。まず1つ目は大腿直筋が問題がある場合が多いです。これを修正すると痛みが軽減します。次に股関節回りですね。これを修正する事で膝の負担も減り正座出来るようになったりします。ご自分で簡単に出来る方法は仰向けに寝て両膝を立てます。そして両膝の間にクッションを挟んで内側に力を入れて押しつぶすようにします。そうすると恥骨筋がずれている方は音が鳴ったりすることもあります。それで恥骨の矯正がかけられ緊張も取れてきます。その他にも胸椎ですとか肩甲骨の動きが悪く膝に影響を与えていることもあります。鍼灸治療に関しても経絡の流れとかツボの効能とかを利用していくので、こんなところが関係してるの?と不思議と思われることが多々あります。変形性膝関節症も鍼灸治療は効果的です。治療回数は数回~数か月痛みの度合いによって異なります。外傷よりも長期にわたります。人工関節の必要性のある方は特に長期間になります。その他スポーツ障害やジャンパー膝、鵞足炎などでお困りの方はぜひご相談下さい。諦めなければ希望が持てる様になると思います。無理して痛いのに筋トレして痛い動作を繰り返すのはやめましょう。